腸内フローラ 改善 サプリ

腸内フローラ改善サプリを選ぶポイント

腸内フローラとは腸内細菌を3種類に分類した善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを指しています。この3つは善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が理想的なバランスと言われています。

 

腸内細菌の総数は実に500〜1,000兆個と言われていてその重さは約1.5kgにもなります。人間の臓器の中でも大型の臓器である肝臓と同じぐらいの重さですから、顕微鏡で見なければわからないほどの細菌の総数がいかに膨大であるかがわかります。

 

また、腸内細菌の種類は500〜1,000種類とも言われていてこれらは大きく善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類に分けられます。

 

このバランスが理想的な割合からかけ離れていくつまり悪玉菌の比率が増えていくと、便秘や下痢、肌荒れ、太りやすい体質、腸の病気など様々な問題が表面化してきます。

 

では、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つのバランスを整えるためにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

善玉菌の代表格としてビフィズス菌が挙げられます。ビフィズス菌が数十億個配合された飲料やヨーグルトはスーパーなどでもたくさん見かけますが、これらの食品を摂取すれば腸内フローラを改善することができるのかと問われれば不十分でしょう。

 

腸内細菌の総数は数百兆個のレベルです。数十億個のビフィズス菌を摂るだけではわずか0.01%にも及ばないので数が少なすぎます。さらにビフィズス菌は胃酸に非常に弱く生きて腸まで届く数はあまり期待できないでしょう。

 

善玉菌にはビフィズス菌以外にも腸まで生き抜く力が強いガセリ菌や死滅しても腸内で有効に働くフェカリス菌などがあります。またオリゴ糖や食物繊維はこれらの善玉菌のエサになり腸内で増殖する環境を整えてくれます。

 

ですから、腸内フローラを改善するサプリを選ぶなら

  • ビフィズス菌やガセリ菌など複数の種類の善玉菌が配合されている(腸まで届かせる確率を上げる)
  • 善玉菌の総数は数百億個レベルである
  • 腸内に届いた善玉菌が増殖するために必要なオリゴ糖や食物繊維が合わせて配合されている
  • 胃酸に強いカプセルなどで覆われている

という点がポイントになります。

腸内フローラ改善サプリランキング

上で紹介したポイントを踏まえて腸内フローラ改善サプリをランキングで紹介します。

 

乳酸菌革命の特徴

ビフィズス菌やガセリ菌をはじめ全16種類の善玉菌や乳酸菌が配合されたサプリです。 これらの乳酸菌は、胃酸に強い耐酸性カプセルに守られているので腸まで生きて届けることができます。

また、食物繊維やオリゴ糖も配合されていて腸内フローラを改善するために必要な成分がオールインワンになったサプリです。

乳酸菌の種類と配合数 1,000億個/2カプセル ビフィズス菌、ガセリ菌など全16種類
配合方法 耐酸性カプセル
その他の成分 食物繊維、オリゴ糖
乳酸菌革命の総評

全16種類の乳酸菌の中には直物由来の乳酸菌であるラブレ菌も配合されています。

ラブレ菌は店頭で並んでいる乳酸菌飲料で有名ですが、ラブレ菌やビフィズス菌、ガセリ菌などをそれぞれ乳酸菌飲料で摂ろうとするとカロリーが気になってきます。乳酸菌革命ならこれらの乳酸菌だけでなく全16種類の乳酸菌をカロリーを気にすることなく一度に摂れるのが魅力です。

EC12の特徴

フェカリス菌という種類の善玉菌が加熱殺菌された状態で配合されています。フェカリス菌は殺菌された状態でも腸内で有効に働くことが分かっていて、菌が小さいため1兆個と大量に配合できるのが特徴です。

乳酸菌の種類と配合数 1兆個/袋(顆粒) フェカリス菌
配合方法 特になし
その他の成分 食物繊維、ミルクオリゴ糖
EC12の総評

配合されている善玉菌の種類としては、1種類ですが1兆個という配合数は他のサプリと比べても飛びぬけた配合数です。

食物繊維やミルクオリゴ糖も配合されているので種類よりも数で押したいならEC12がおすすめです。

生命の乳酸菌の特徴

ビフィズス菌やフェカリス菌など全7種類の乳酸菌が配合されたサプリです。キムチ由来のキムチ乳酸菌や粒子の小さいナノ乳酸菌など他の乳酸菌にはあまり配合されていない種類が配合されているのが特徴です。

乳酸菌の種類と配合数 346億個/カプセル ビフィズス菌、フェカリス菌など全7種類
配合方法 被膜コーティング
その他の成分 食物繊維
生命の乳酸菌の総評

乳酸菌の種類、配合数は比較的バランス良い配合なっていますが、ビフィズス菌やキムチ乳酸菌が殺菌されているのが気になります。

その他の成分についても食物繊維は配合されていますがオリゴ糖の配合がないのがややマイナスです。

快腸サポートの特徴

ロンガム種という種類のビフィズス菌を配合したサプリメントです。他の乳酸菌やオリゴ糖などのサポート成分は配合されていませんがビフィズス菌を腸まで生きて届けるためのカプセル技術が特徴的です。

乳酸菌の種類と配合数 50億個/2カプセル ビフィズス菌
配合方法 耐酸性カプセル
その他の成分 配合なし
快腸サポートの総評

乳酸菌の種類などの成分はやや寂しいですが、サプリメーカー大手のFANCLだけあって機能性表示食品(機能性を表示できるように科学的根拠とともに消費者庁に届けられた食品)となっています。

フローラ美人の特徴

乳酸菌としてはビフィズス菌と有胞子性乳酸菌(ラクリス菌)を配合したサプリです。食物繊維も配合されていますが、ピロリ菌に強いラクトフェリンと一緒に配合することで胃酸に対策しています。

乳酸菌の種類と配合数 ビフィズス菌 ラクリス菌
配合方法 タブレット
その他の成分 食物繊維
フローラ美人の総評

耐酸性カプセルではなくタブレットを採用しています。ラクトフェリンはピロリ菌に強い報告はありますが、ビフィズス菌を生きて腸まで届ける効果があるかはやや疑問です。

腸内フローラが乱れる理由

善玉菌の代表格であるビフィズス菌は、生後すぐに赤ちゃんの腸内で増え始め特に母乳で育った赤ちゃんのビフィズス菌はピークで腸内細菌の80%を占めるといわれています。

 

その後離乳食が始まるとビフィズス菌は減少していきますが、乱れた食生活やストレスの多い生活を送っている人は特にビフィズス菌が腸内に占める割合が少ないことが知られています。

 

乱れた食生活とは、肉類が中心で野菜や穀類の少ない食事を指しています。肉類に多く含まれるタンパク質は悪玉菌の大好物なので肉類中心の食生活は悪玉菌が増えやすい腸内環境になります。肉類が中心の食生活の人のおならが臭いのはそのためです。

 

また、腸は第2の脳とも呼ばれたの臓器にはない複雑な神経系を持っています。腸と脳と密接に関係していてお互いに影響を及ぼしています。ストレスで下痢を起こしやすい人は脳で感じたストレスが過剰に腸に伝達されている傾向にあります。

 

このように食生活やストレスが腸に影響を及ぼすことでビフィズス菌が減少し、結果として善玉菌と悪玉菌、日和見菌の理想的なバランスが崩れてしまう、つまり腸内フローラが乱れてしまうのです。

腸内フローラ改善サプリならコレ

乳酸菌革命は、

  • 全16種類の乳酸菌(ビフィズス菌、ガセリ菌、ラブレ菌など)
  • 1,000億個の配合数(1日2カプセルの場合)
  • 食物繊維・オリゴ糖配合
  • カプセルは胃酸に強い耐酸性カプセルを採用

という特徴を持っていて、善玉菌、日和見菌、悪玉菌のバランス改善つまり腸内フローラの改善に欠かせない成分が高いレベルでなおかつまんべんなく配合されています。

 

全16種類の乳酸菌の中には有胞子乳酸菌というユニークな特徴をもった乳酸菌も配合されています。これは、菌が胃酸に強い胞子に包まれていて腸に到達したあと発芽して活動するといった他の乳酸菌にはない特徴があります。

 

乳酸菌革命は発売を開始してから改良を繰り返していて、現在4代目となっています。充実した配合成分もさることながら飲んだ人からの声を商品に反映しながら改良する姿勢も好感がもてます。

 

腸内フローラの改善におすすめなサプリなら乳酸菌革命で決まりです。